Green Hell アナコンダ捜索 by アフロマスク

ゲーム配信

Green Hell アナコンダ捜索 by アフロマスク

【Green Hell】ジャングルの奥地で巨大アナコンダを見つける【アフロマスク】

アフロマスク

 世間を騒がせていたアミメニシキヘビがアパートの屋根裏で見つかったと

 ニュースで見かけました。

 捕獲記念動画として、ゲーム実況者アフロマスクさんによる

 オオアナコンダ捜索動画を紹介させていただきます。

 ヘビの生態をチェックですよ!!

ヘビの紹介(Wikipediaより)

 アミメニシキヘビ

Gold Python,Reticulated python (Python

形態

オオアナコンダとともに、世界最長のヘビ。文献によっては最大全長990cmとされる。ただし体重は、全長が等しい場合オオアナコンダよりも軽い(軽いとはいえ100kgを超える個体も確認されている)。

背面に網目状の斑紋が並ぶ。種小名reticulatusは「網目模様の」の意で、和名や英名と同義。

分布が広いため体色や全長は地域によっても異なり、大型化する地域がある反面インドネシアのジャンペア島の個体群は最大全長が250cm程度とも言われている。

生態

熱帯雨林や耕作地等、幅広い環境に生息する。シンガポールでは下水道にも生息する。幼蛇時には樹上棲傾向が強いが、成長に伴い地表棲となる。夜行性で、昼間は茂みや樹洞等で休む。

食性は動物食で、爬虫類、鳥類、哺乳類等を食べる。大型個体ではマレーグマやヒトの捕食例もある。

口と牙で獲物に噛み付いた後、長い身体で巻き付き、窒息するまでゆっくり締め上げるとされてきた。しかし、2015年頃から、窒息ではなく、強く獲物の体を締め上げることで、獲物の心臓を止めて殺すことが分かった。上手く締め付けると、わずか数秒で獲物は死亡するため、窒息よりも速く殺すことが可能である。獲物を殺した後、丸呑みにする[1]

繁殖形態は卵生で10-50個、多いときには100個もの卵を産む。メスは卵の周りにとぐろを巻き保護する。

また、メスがオスとの交配無しで単独で子供を作る単為生殖をすることも確認されている[2]


オオアナコンダ

形態

全長3-6m、最大は9mにも達する大蛇で、アメニシキヘビとともに世界最大のヘビとして知られる。また体重も重く、5m以上の個体では100kgを超えることも珍しくない。体色は緑褐色、褐色、暗緑色で、黒い円形や楕円形の斑紋が入る。

頭部は大型で、頸部も太い。眼は上向きで突出し、鼻孔は背面に空く。眼から口角にかけて黒い筋模様が入る。

生態

熱帯雨林の水辺に生息する。夜行性で、昼間は川の浅瀬や水辺の枝等で休む。体重が重いため特に成蛇では陸上での動きは鈍く、水中によく入る。

食性は動物食で魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類等を食べる。大型の個体ではカイマンやジャガーの捕食例もあるが、逆に彼らの餌食となることも少なくない。 水中や茂みの中等で待ち伏せ、通りかかった獲物を素早い噛み付きで捕らえ、長い体で巻き付いて締め上げる。 雌の方が大きい。 繁殖形態は卵胎生で、全長70cmくらいの幼蛇を一度に20-80頭ほど産む。