不労所得の書(株式配当金) 2024年1月末時点

不労不死の商い

不労所得の書(株式配当金) 2024年1月末時点

この記事では私が株式投資を行うことで得ているおすすめ不労所得(配当収入)の推移を掲載しています。

株式配当金は特に労せず、時間と共に収入を得ることができる究極のおすすめ不労所得だと私は考えています。

私は基本的には割安で高配当な日本株を中心に購入し、不労所得を作っています。

株式の配当金は金額に問わず、税率が20.315%で一定なのがうれしい点です。(特定口座で確定申告も不要)

また、新NISAを活用すれば税率が0%になるので、投資初心者の方にもおすすめです。

最新の私の目標は年間配当金額6,000,000円(配当伯爵)を目標にしています。

配当伯爵とは何か知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

FIREはすでに達成済みで、現在は株式配当金から不労所得をメインで生活しています。

私の株式配当金生活ののポートフォリオの銘柄一覧などが知りたい方はこちらです。

一部最新化が遅れていることがあるのはご容赦ください。

不労所得で生活している人=自分の時間を自由に使える人になりたい方の参考になれば幸いです。

株式投資による年間配当金額 税引き前

合計:4,913,020円 (先月比 +¥3,987円)

内訳

日本株による配当金 ¥4,864,900円 (先月比 +¥1,100円)

米国株による配当金 ¥48,120円(先月比 +¥2,887円)

過去(2018年)からこれまでの推移です。(一部省略しています。)

2024年1月は日本株については新規投資は行っていません。

優待目的で購入していた日本フイルコンの優待廃止に伴い、増配があったため、配当金が微増しました。

米国株についてはSPYDを数株買い足した程度で大きな取引はありませんでした。

日経平均が年初から大きく上昇したため、買うタイミングを逃したことが大きかったです。

特に今月は住友化学から稲畑産業の株を売却するニュースを見て、大きく値を下げたタイミングで買い増ししようと考えていたのですが、想定ほど下がらず、特に取引は行いませんでした。

優良で利回りの高い高配当株自体が非常に少なくなっているので、少し厳しい状況かなと思います。

当面は現金を保持しておいて、市場の機会を伺いたいかと思います。

一応、毎月気になる高配当銘柄をスクリーニングして、別の記事にまとめているので、興味のある方はこちらも読んでみてください。

個人的には毎月5万円や毎月10万円の不労所得を得るには新NISAの成長投資枠で優良な高配当株に投資しておくのが一番だと考えていますので、何かしら読者のみなさまのお役に立てば幸いです。

私の株式投資のスタイルについてはこちらの記事に詳しく掲載しています。

不労所得の作り方に興味のある方はぜひ、読んでみてください。

なお、配当金額については配当管理用のアプリに表示されている金額を記載しています。

私が使っている配当管理アプリについてはこちらの記事に記載しています。

とても便利なアプリなのでみなさんにもおすすめです。

配当金の見える化は投資のモチベ維持に役立ちますのでぜひ、みなさんも使ってみてください。


不労不死の豆得PR

株式投資は未経験で不安だという方は株式投資の学校といった場所で知識を付けてから試してみるのはいかがでしょうか。無料セミナーも開催されているそうです。

お得な買い物はAmazonの日替わりタイムセールがおススメです。毎日チェックで日用品からゲーミング用品など幅広い商品が通常より安い価格で購入できます。

不労不死の商い
ゲームテレビ中継局